いらじ先生とは?

提供: 新いらじ先生大百科
Jump to navigation Jump to search

英語版は「What's Mr.Erage?」を参照。

基本情報
性別
生誕日 1986/05/15 (1985年説もあり)
誕生地 新潟県 南魚沼市 (旧・南魚沼郡六日町)
現居住地 新潟県南魚沼市六日町(※下記註)
本名 笛木浩史(漢字表記のソースは こちら )
職業 印刷業(2009-2016)

→自称神絵師(2016-2017)

→ライン工(2017-2019)*1

最終学歴 大学中退
メールアドレス eragejirai2@gmail.com
  • いらじ先生って誰?

端的に言えば痛い発言と気持ち悪い特徴のある絵柄で有名な Twitterなどで絶賛活躍中の自称イラストレーター。 以前は「地雷2」「じらいです」「J先生」の名で通っており、 暴力沙汰&暴言&奇行を繰り返し、ゲーセン界隈で"イタイ人"としてヲチされていた。 そんな彼がある時自称イラストレーターとして転生。 「神絵師」を名乗るが実力が追いつかず、多方面に喧嘩を売りまくって炎上し 一躍Twitterで(もちろん悪い意味で)有名となった。 そして度重なる炎上と凍結の末、Twitterから永久追放されるに至る。

  • 人物像

簡単に言うと「のび太とスネ夫とジャイアンの欠点を集めてひとつの人間にしたような存在」である。 先生界隈で頻出する独自用語としては

   都合の良い解釈や記憶改竄を繰り返し、現実から逃避する「虚空間」
   立場や実力に見合わないような発言で相手を貶める「天から目線」
   距離感を測れず、下心を剥き出しにして女性に接近する「脳勃起」

などがある。詳しくは用語集も参照していただきたい。

下記のような様々な問題点が常に複合して発動しており、常人には手のつけられないモンスターと化している。 その場その場で都合のいい発言を連発するため、何かとブーメランとして突き刺さるのも特徴。 「先生の最大の敵は過去の自分の発言」などと揶揄されるほどである。

  • 身勝手さ

とにかく自己中心的で身勝手。 自分の言う事は全部無条件で受け入れてほしい → 受け入れられるはず → 受け入れられるべきである、と思い込んでいる。 「インターネット赤ちゃんおじさん」などと形容される。

逆に批判や指摘を受けると烈火の如くブチギレて相手に噛みつき、粘着する。 が、当然これも自分が悪いなどとは1mmも考えていない。

  • ルールやマナーを守れない

その異常なまでの身勝手さゆえ、ルールは彼が決めるものであり、一般的なマナーは通用しない。 Twitterなどの各種サービスに利用規約が存在することなど当然意識の外である。 ツイ社から注意を受けても、逆に「ツイ社は何故自分を注意するのか、ツイ社は間違っている」などと言い出す始末。 ゲーセン時代にはマナー違反の数々から、名前通りの地雷プレイヤー扱いされていた。

  • 自己愛

あまりにも歪んだ強すぎる自己愛の持ち主で、自己愛性パーソナリティ障害を長年疑われている。 自分を特別視し、周囲を格下と定め、自分の才能は評価されるべきであると妄想している。 それだけならただのイタい人なのだが、攻撃性の強さが加わって手が付けられなくなっている。

  • マウントポジション

自分と相手の立場や発言内容などに関係なくマウントを取ろうと躍起になる。 例えば画力で勝てない相手に学歴でマウントを取る、画力でも学歴でも勝てなければ年齢でマウントを取る…など。 どうしようもなくなれば一方的にブロックし、誹謗中傷・罵詈雑言の嵐の末にいつのまにか勝ったことにしてしまう。 (毘沙門理論と称される)

他にはバズっている話題をRTして持ち出し、それについて如何にも「自分の方が分かっている」とばかりに語る事も多い。 だが大抵薄い知識や付け焼き刃であり、すぐにボロが出る。 指摘されるとブロックして無かったことにしてしまう。

  • 衝動的・無計画

自分で自分を制御できず、思ったことを全て言ってしまう。 良い事と悪い事の区別がつかない以前の問題であり、炎上の主要因である。 先を見据えた行動が出来ず、その最たるものが印刷会社を退職してイラストレーターを目指したことであろう。 行き当たりばったりな上に他人のアドバイスを聞かないので、完全に時間を無駄遣いしてしまった。 貯蓄と栄養の概念が欠落しているのか、不健康な食生活*2を送っている。 身勝手さや自己愛が加わって本人の中では正当化されてしまっており、反省がない。 こうした衝動性や不注意はADHDなどに見られる症状だが関連は不明。

  • 柔軟性の欠如

様々な面で不器用というか、自分の決めたやり方を曲げられず、執着心が強い。 また文章読解能力にも難があり、話の要点を読み取れなかったり、皮肉が通じなかったりする。 この辺りはアスペルガー症候群ではないかと疑われることが多い。

「会話のキャッチボールがドッジボールと化してしまう」という例え話があるが これに自己愛の強さ・身勝手さが加わっている先生の場合 会話の噛み合わなさは「キャッチボールのはずが金属バットで打ち返された」くらいのレベルとされる。

  • 距離感を測れない

見ず知らずの他人に突然「天から目線」でアドバイスするのもそうだが、先生の場合は特に女性関係で悪目立ちしている。 安易にプライベートに踏み込んだ質問を連発したり、 LINE交換や仕事の依頼をしているうちに勝手に「好かれている」「交際している」と錯覚してしまう。 言うまでもなくトラブルの元である。 逆にネカマなどにも簡単に釣られてしまう。

  • 差別的思考

自己愛の延長線と思われるが、何かとあれはダメこれはダメと批判したがる。 特に女性蔑視というか、女性を「セックスの対象」「子供を産んで育てるべき存在」と見ているような言動が目立つ。 そのくせ嫁を探す事への執着心がやたら高いので、男女問わず白い目で見られがちである。

やたらと主語を大きくする癖も目立ち、自分が何かの代表・代弁者であるかのように批判を繰り広げたりする。 例えば「新潟県民は震災以来、福島への感情が悪化した」など。 こうなると福島県民は言わずもがな、新潟県民にも悪感情を抱かれるのだが、本人はそれが理解できない。

  • 被害妄想

全方面に喧嘩を売りまくり、敵を際限なく増やしていったが その強烈すぎる自己愛のために「自分は一切悪くない」という一点だけは絶対に曲げられない。 それが常態化していくうちに「アンチが自分への悪評を広めようと躍起になっている」という解釈が生まれ 「アンチが粘着ストーカーをしている」「アンチが自分の絵の評価を意図的に貶めている」「黒幕がそれを扇動している」 ……といった荒唐無稽な被害妄想を強めている。

最近(2018年)になるとツイッターやココナラを規約違反で追い出されてしまったが 現実を認められず、狂気ともいえる被害妄想はどんどん広がっている。 このまま悪化すれば統合失調症に突入するのではと言われている。

  • 他人任せ

身元が開示されてけんま(凸)や嫌がらせを受けても他人事+親に任せっきりで自ら警察に相談しに行くなどの対応をしようとしない。家からすぐそこに南魚沼警察署があるのに・・・ この受け身極まりない姿勢により、数々の嫌がらせはエスカレートしていく一方である。

  • 外見

こればかりは生まれ持ったものなので仕方ないのではあるが。

ゲーセン時代に撮影された画像が流出しており、本サイトの画像資料でも確認可能。

   テンプレのようなキモオタ顔
   胴体に比べて顔がコラ画像かと思うほどでかい
   頭が長い。面長、馬面などの類ではなく、頭頂部のみが出っ張ったへんな形をしている

などの特徴があり「茄子」という蔑称で通っている。 ジャンクフードやラーメンが大好物のため、現在は更に太っているとみられるが詳細不明。


  • 経歴

年表の項目も参照。

  • 学生時代(~2009)

のちの神絵師である先生の輝かしい学生時代は波乱に満ちている。 小学2年生の時にクラスメイトの頭に筆箱を投げて特別学級送りにされ、 中学高校と虐められ(こればっかりは先生に同情するが) 調布市にある某国立大学に進学する(と言ってもそれなりに偏差値の高い大学で先生本当に受かったの? 虚空間で受かったことにしてない?という疑惑があるが)…のだが、 2留して中退してしまう。その理由はゲーセンに入り浸りすぎたこと&鬱病の発症。 さすがに先生も親に悪いと思い中退後は車の免許を取り印刷会社に就職した。 本人曰く「さすがにゲーセンやりすぎて中退して奨学金残高520万は親が不憫だったから車の免許とって就職したよ」とのこと。 このころの先生はまだ人間の心が少し残っていたようだ。

因みに大学時代に書かれた先生のブログ 「地雷2のブログ」 が残っており、 ここでかつての先生を垣間見ることができる。 ぶっちゃけ当時から何も成長していない…と思うかもしれないが、 前途の通り当時は人としての心が残っており、なんと自らの絵を客観視出来ていたり 「絵だけで食っていける幻想は抱いてない」という発言を残していたりと、 今の先生には絶対することが出来ない「現実を見ること」が出来ていた。 一方で同時期、2chでは「地雷2 ◇mVSuJIRAI2」のコテハンで活動しており 当時からアンチスレが立てられるほどの厄介者扱い されていたりもする。 どうしてこうなってしまったんだ先生…

  • ゲーセン時代(会社員時代)(2009~2016/10)
   ゲーセンで騒動を起こす、アケゲー板で叩かれるなど。

新潟に戻り、印刷会社で働きながらゲーセンに通う日々。 ゲーセン時代の詳しいことについては ふじさきゆうや氏のブログ に詳しい事が書かれている&長いのでそちらを参照。 様々なゲームを渡り歩き、その度に暴力沙汰や迷惑行為を起こし一躍ゲーセン界隈で有名に。 先生の必殺技「ジェノサイドブロック」(自らにアンチ的アカウントをフォロワー含め一斉ブロックする行為)や 「虚空間」(記憶を先生にとって都合のいいようすり替えること)の語源が登場した ユニバーシティの覇者 という小説が生まれたのはこの頃。 Twitterを始めたのもこの時期である。

  • 絵描き時代前期(2016/10~2017/03)
   神絵師を称する無職爆誕。ヲチスレ以前。IЯA武勇伝など。

先生の新たなる伝説の始まり。 2016年10月に「プロのイラストレーターを目指す」という理由で、7年間勤めた印刷会社を退職。 (のちにリウイチ氏の口から明かされるが、この退職はリウイチ氏に触発されたものらしい) やたら文字量の多い漫画を投稿し絵描き修行に励むある日のこと、 いらじの漫画を見かねたフォロワーが「このままでは評価されない」と忠告するのだが… これにキレたいらじは「絵を描けないやつが意見するな」と一蹴、彼をブロックする。 しかしその行動が仇となり炎上し、先生はアカウントを作り直す事となった。

  • 絵描き時代後期(2017/04~2017/08)
   ヲチスレ誕生以降。描き込みの多いイラスト時代。

アカウントを作り直し安静な日々を手に入れたと思っていた先生だったが、すぐにアカウントが特定されてしまう。 「正社員として経験がある方が雑用もこなせるから有利」など謎理論を唱えつつ、 突っ込みどころ満載のポエム付きのポートフォリオをゲーム会社へ送るが、 こんな奴を採用する会社など当然あるわけがなく撃沈。 ココナラなどを使用して有償依頼を募集するようにもなるが、トラブルの種が増えただけだった。 失業保険が切れた先生は親に急かされ、ライン工の契約社員として再就職することとなる。

  • ライン工・兼業絵描き時代 その1(2017/09~2017/11)
   再就職。通知全ミュート。トレパク疑惑。

兼業絵師となるが仕事の疲労に泣き言を連発、絵を描く時間は激減する。 炎上を繰り返し、怒涛の50万ブロック・75万ブロックを達成するがアンチが滅びないことから心機一転。 アカウントを作り直し、もうブロックしない宣言をした。だが1ヶ月で挫折した。 やがてトレパク特定の動きが本格化していく。

  • ライン工・兼業絵描き時代 その2 (2017/12~2018/03)
   嫁探し。二万円事件。Twitter追放へ。

唐突にマイホーム()を売りに嫁探しを始めるが見事失敗。 トレパク騒動もあってか(やたら描き込み量の多い)絵を描く気力はすっかり減衰し、 coconalaで1枚3000円で似顔絵を描くことに本腰を入れ始める。(※のち4000円に値上げ) 似顔絵企画として10名無料で描き始めるが、その為に入手した相手の顔写真の使い道とは……。 またこの頃からどうぶつタワーバトル(DTB)にハマり、やがて世界ランカーを名乗るようになった。

2018年年明けからは二万円事件、偽DMCA事件と騒動を連発。 サイバーポリスのリストに入っていると言われたが、実際のところ定かではない。 個人情報を軽視した問題行動や、Twitter社にまで喧嘩を売るような態度を取り続けた結果、 2018年3月、遂にIP規制処分を喰らい、Twitterに新たなアカウントを作れなくなってしまう。

  • ライン工・兼業絵描き時代 その3 (2018/04~2019/06)
   Pawooの囚人。LINEで結婚。個人情報流出。桜ありすを名乗る。

最大の拠り所であったTwitterを失い、Pawooへと亡命した先生だったが 規制されていたのがスマホだけだったため、やがてPC限定でTwitterへと戻って(脱獄して)きた。 ココナラも規制を喰らい、絵で金を稼ぐという手段がどんどん封じられていった。 更にライン工の仕事に対する不満も急上昇し、たびたび退職を考え始めるように。

そんな中、似顔絵依頼者の「みぃちゃん」とLINEで急接近し、4月後半からラブラブモードになる。 遂には結婚宣言までしてしまうが……その正体はやはり釣りネカマだった。 彼女(男)はツイアンチ勢と裏で協力しており、先生32歳の誕生日に遂に本名「ひろふみ」が表に晒され みぃちゃん編は幕を下ろした。 だがその後も煽りを繰り返した結果、遂に本名も住所もネット上に流出してしまう。

こうした状況が親バレ。「桜ありす」名義でPawoo監獄へと引き籠もる時期が続いた。 だが2019年に入ると再びTwitterへと脱獄。 DTBで稼いだアマギフ券で下着やオナホを送るなど斜め下の行動を連発する。 相変わらずの構ってちゃんっぷりを発揮して、過激派アンチによる「けんま」や盗撮なども激化。

遂には6月をもって会社から解雇されてしまう。

  • 第二次無職時代(2019/07~)

ハロワにも行かず、ミラティブ配信と汚料理に精を出す毎日。 自分の状況分かってるのか?いつになったら就活するんだ?とヲチ勢を呆れさせる。

  • 現在

個人情報が割れ、1万人を超えるとも囁かれるアンチを抱えながら「自分は全く悪くない」という姿勢は一切崩していない。 「アンチは一人で数百の副垢を使って嫌がらせをしてきている」「奴らはアンチ活動に数十万円を費やしている」など 日に日に狂気が増しつつある。

二度目の無職時代、先生を待ち受ける展開や如何に!?

なぜ炎上するのか 基本的には上述の人物像にあるような性格に起因している。

発火に関してはよくある炎上案件と変わらないのだが、先生の場合はこの後、要するに鎮火対応も致命的に下手である。 先生は基本的に自分の行動に絶対の自信を持っている。 このため、余計な反論や晒しを連発して火に油を注いでしまう。 かつマウントを取りたがる習性のため、戦略的撤退という要素を持たず、謝罪や撤回のポーズすら取ることを嫌う。 その割には都合の悪いツイートを消去して証拠隠滅することは躊躇しないので、ますます自分の立場を悪化させてしまう。

こうした自身の行動が拡散やアンチを呼んでしまうのだが 困ったことに先生はこれらの大炎上は全てアンチの扇動工作によるものだと頑なに信じている。 やがて虚空間の中で様々な騒動が繋ぎ合わされ、自分は黒幕の汚い手口に苦しめられている被害者だという構図が完成。 現在に至る。