事件

提供: 新いらじ先生大百科
Jump to navigation Jump to search
  • 福島被曝に関する問題発言(2017年5月)

まとめ https://togetter.com/li/1115194 ヲチスレはPart13~

仕事すると時間がなくて絵が描けないと言い訳するいらじ先生、5月26日に不謹慎発言をして大炎上する

   「そうだ!福島で働けば2~4時間で放射線被曝限度に達して家に帰れるから絵が描けるぞ!」
   「被曝で命削れば給料2倍や」


   更に「ツイートした人には守られるべき発言の自由がある」「多数の危うい人間にRTで拡散する人たちに問題・責任がある」などと発言。拡散する者をジェノサイドブロックしていった
   当然発言に関する撤回や謝罪などはない


  • 無銭飲食事件(2017年5月)

ある日、ファミレスでハンバーグプレートを注文した先生。 店員から「熱いので触らないでくださいね」と言われたのにプレートを触って火傷してしまう。 後日、医師の診断書をとってハンバーグ代と治療費をファミレスから巻き上げるという あまりにも大人げないエピソードを、本人は武勇伝のように語っていた。

ヲチ勢からは呆れられ、無銭飲食扱いされた。

  • 座間事件での問題発言(2017年11月)

ヲチスレはPart42 2017年10月末、自殺願望のある女性を主なターゲットとした連続殺人事件・ 座間9遺体事件 が発覚し、日本中が恐怖に包まれた。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%A7%E9%96%939%E9%81%BA%E4%BD%93%E4%BA%8B%E4%BB%B6 特にこの事件は容疑者がtwitterで対象を探し、接触していたことが特徴だった。

   この事件に反応したいらじ先生、とんでもない発言を連発する(11/06~)
       「あんな垢でも美女8人集まるとかイケメンアイコンに変えたい以外の感想出てこなかった」
       「あの【容疑者の垢名】のアイコン自分で描いたのかな? あんなんでもちょっとイケボなら8人も女の子自宅に集まるんやぞ、世の中ちょろいな」
       「メンヘラ女『死にたいけど一人だと恐いです』男『一人じゃないよ 僕の部屋に来て』 ぱんっ!ぱんっ!ぱんっ!」
   この直後に、自殺未遂して苦しい思いをしている人の力になりたいです、という内容のツイートをしたことで大炎上に発展した
       模倣犯と見なされかねない発言であり、後にサイバーポリスのリストに先生が載っている事が判明するとこれが原因と見た者もいる


   更にアフィブログとして有名な「オレ的ゲーム速報@刃」にまとめられてしまった(11/08)
       ttp://jin115.com/archives/52198243.html


   以降は問題のツイートを削除したり、JIN氏に記事の削除を訴えたり(といってもtwitter上で一人で叫んでいるだけ)、記事を拡散している人をブロックしたりと忙しくぷくぷくしていた。当然謝罪などない
       しばらく名前が「ERageは性犯罪者じゃありません」に変わった


  • 二万円事件(2018年1月)

長くなったので二万円事件として個別分割しました。 ネット上で数々の騒動を起こしてきたいらじ先生であったが、今回遂に警察が登場。 伝説は新たな段階へ入るのか!?

  • メルダーと百科事典(2017年12月~2018年1月)

「メルダー」なる投稿者がWikipediaとピクシブ百科事典に登場、いらじ先生の記事が作成された。 この内容はとにかく先生を賛美するものであり、先生の自演が早くから疑われていた。 特にピク百の記事の頃は、同時進行中だった二万円事件の件について先生を被害者・猫野氏を詐欺師の如く書いていたり、 メルダーによる編集が行われている時間帯は先生のtwitterの更新が止まってたりしたことから、メルダー=いらじ先生とヲチ民に確信されるようになった だが1/14に先生が自演を否定。メルダーの動向も全くなくなり、現在は自演説のほか愉快犯説もある。

   Wikipedia - ERage (アーカイブ)

http://archive.is/6LPr8

       メルダーにより2017/12/27に投稿されたが、即日削除依頼にかけられ、1/3に削除された
       何故か魚沼市出身になっている
       ヲチ民に記事が発見されたのは翌28日になってからだったが、それから正式に削除されるまでは完全に遊び場と化し、大喜利大会が開催された


   ピクシブ百科事典 - ERage

https://dic.pixiv.net/a/Erage

       メルダーにより2018/01/08に投稿された。 初版はこちら

https://dic.pixiv.net/history/view/2320239

       短期間で幾度となく編集→メルダーによる差し戻しが行われたが、メルダーのアカウントが凍結されたことで一旦落ち着いた
       と思ったら今度は「オークスワース」というアカウントが差し戻し実行。即アカウント凍結される
       30分後「エルスエーニョ」というアカウントが差し戻し実行。即アカウント凍(略
       1時間半後、「オークスワース」(※さっきと同名だが別アカウント)が記事を白紙化。即アカウ(ry
       その後は有志による編集・修正が行われている
       先生がTwitterで「お前ら(俺を)教皇のように扱えよ」と発言したため、その意向を受けた編集者により、親記事もイラストレーターから法王になった。肩書は「法王のように扱われるべきイラストレーター」(2018/01/12現在)


   ピクシブ百科事典 - いらじ教(ふじさきゆうや)

https://dic.pixiv.net/a/%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%98%E6%95%99%EF%BC%88%E3%81%B5%E3%81%98%E3%81%95%E3%81%8D%E3%82%86%E3%81%86%E3%82%84%EF%BC%89

       やっぱりメルダーによって2018/01/09に投稿。荒らし記事と判断され白紙化された
       いらじ教氏とふじさき氏を同一人物と決めつけているが、これは先生が以前から主張している持論である
       主張の根拠は「両方とも粘着アンチだから同一人物に違いない」という小学生のような感情論
       挙げられた両名は先生の主張を否定しているし、そもそも先生以外で同意している人物はほぼ皆無
       そんなガバガバな状況にも関わらず記事を作成した事で「メルダー(いらじ先生)」という声が強まった


   ピクシブ百科事典 - pixivユーザーの絵師一覧

https://dic.pixiv.net/a/pixiv%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%B5%B5%E5%B8%AB%E4%B8%80%E8%A6%A7

       既存記事。メルダーにより「ERage」の名前が追加されていた上、トップ絵が先生の描いたイラストに差し替えられていた
       当時の版

https://dic.pixiv.net/history/view/2321110

       こちらについては1ヶ月半近く後の2/17に直されるまで誰も気づかなかった


   「イラストレーターとしての活動以外にも、テレビやラジオへの出演、イベントMCなど、各メディアへの出演も募集している。将来的に起業して、デザイン事務所を設立予定」という記述がスレ民の目を引いた


   ピク百関連(いずれもメルダー編集の内容)
       二万円事件については「(猫野氏が)彼氏がいることを暴露し、交際していたErage氏を騙した」というトンデモない記述がある
       作品一覧として先生のオリジナルキャラクターが並べられる中、『華川霞』(オリジナルキャラクター)として他のユーザが描いた葛飾北斎(FGO)のイラストが混ぜられていた
       「童貞を殺すセーターを逆に着た絵を最初に考案したのは、彼である。」という記述があったが、嘘である。タグで検索すれば先生の投稿(2017/01)より半年前(2016/07)には このイラスト(注:R-18) が投稿されていた事が確認できる

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=57893014


  • いらじ教訴追未遂(2018年1月)

警察関連も参照。そちらにまとめるかも。 いらじ先生は以前より「いらじ教」氏を悪質粘着アンチ・他のアンチを扇動する黒幕であると非難していた。 前年11月ごろより度々警察沙汰にすることを匂わせる発言をするが、結局行動には移っていなかった。

二万円事件が起こり、これで叩かれるのもアンチの汚いやり方が裏にあると思い込んでいるいらじ先生。 1月12日、いらじ教氏を「訴追する」(原文ママ)と表明した。 なお訴追とは検察官が刑事事件を公訴することである。先生は検察だった…?

   先生曰く「9ヶ月にわたりアンチ行為を行い、私を攻撃させるように扇動している」とのこと
       実際は先生の言動をスクショに撮ってまとめているだけである。過剰な叩き行為は確かに看過できないとはいえ、炎上要因はそもそも先生の言動にあるのだが…
       まとめられている様々な問題発言を見た警察や弁護士のリアクションや如何に
   警察か弁護士を通じていらじ教氏に接触したいようだが、やっぱり時期は明らかにせず
   翌日「いらじ教を放置すればするほど後で訴訟したとき賠償が高くなるから貯金みたいなとこある」と発言
       すぐに行動する可能性は低そうである。アンチの攻撃のせいで絵が描けないほど参っているとか言っていたような…


   1月17日、近々警察に相談することを再び表明。ただし誰の事を訴えるつもりなのかは明らかにせず、心当たりのある者は謝罪・和解のDMを、と要求
   警察に相談すれば一名は確実に捕まると自信満々の先生であったが、リプしてきた相手がアンチ勢だと気付かずにDMでやりとりしたため、その考えはあっさり流出した
       やはりメインターゲットはいらじ教氏であった。何か逮捕につながる証拠があるのか?という質問に対しては「スクショを張り付けた中傷ツイートをほぼ毎日」していることをストーカー行為だと考えているらしい
       なお直後に猫野氏に対する先生の行動の方がストーカーでは…?と質問されると逆ギレ。この時期の先生は、二万円事件で猫野氏が警察に相談したというのは嘘 or 警察は相手にしてくれなかったと思い込んでいる
   いよいよ行動するのかと思いきや、「DMで和解の相談をしてもいい」→「返事は数日待つ」とやっぱりいつものムードに
   先生は警察という単語を持ち出せばアンチが慌てて和解に応じると考えていたようだが、先生が警察に行っても自爆するだけ・そもそも警察に行くのか怪しい…と周囲からは見られていたため、「DMで先生と直接やり取りできる貴重な機会」と考えた凸・アンチ勢の遊び場と化した
   なお当のいらじ教氏からは完全にスルーされた
   先生、翌日になっても「警察には行かないでください!」と誰も言わないことに納得できない
       だっていつも行く行く詐欺なんだもの…
   1月19日、いらじ教を名乗る人物からDMが送られてくるが先生も偽物と疑っている(おそらくアカウントが違うのだろう)。日曜(21日)まで待つ宣言
   1月21日、回答がないことを理由に警察に行く準備を始める宣言し、22日月曜に行くと表明するが…


   21日夜に撤回宣言。ものすごく長い言い訳と都合の良い解釈が展開された
       一行で要約すると「ハセカラ騒動のように逮捕者がアンチ間で英雄視される可能性があるから」
       アンチ勢から「いらじ教が話(=和解案)を聞くわけがない」と言われたことについて先生は、アンチ間でも煙たがれている危険人物だと唖然とした、らしい
           もちろん誰もそういう意味では言っていない
           アンチにも煙たがれているのに逮捕されると英雄視される…???
   散々大騒ぎしながら、結局大方の予想通り行動せず、脳内で勝利に浸る先生であった


   2月12日、またまた警察への相談を示唆するリプを送るが華麗にスルーされた


  • 偽DMCA事件(2018年1月~3月)

(※極めて悪質なイタズラなので真似しないように) 偽DMCA事件として個別記事に。 偽夢之助により嘘の著作権侵害を突き付けられたいらじ先生。 次々と凍結されるアカウント、先生の対策や如何に!? 今回は珍しく先生がちゃんと被害者ポジションである。

  • 無職疑惑(2018年1月~2019年6月)

先生は2017年8月にライン工として再就職した。 だがケーブルの見分けがつかないだの延々泣き言を漏らす日々。 ところが年明け2018年から仕事に関するツイートが激減した。 これに対し「試用期間で切られた?」「パートに降格した?」「今は職業訓練校通い?」などの疑惑が浮かび始める。 結局は2019年6月までクビになることは無かったのだが、何故頻繁に1週間丸々休んでいたかなどの謎は多く残っている。

   16時に大量DM

先生はこの頃、つぐみ・まなみといったサブ垢を使ってDMのやり取りを行っていたが 明らかに仕事中と思われる時間帯にもDMが送信されていた。 トイレ休憩などの可能性もなくはないが……。

   退職するの?

3月20日、「パワハラを受けている」などの理由から突然退職を考え始める先生。 今まで仕事の話がろくに出てこなかったのに、この日から妙に雄弁になった。 ライン工として働き始めたのが8月21日で、それからちょうど7ヶ月になるので、会社側からクビ通告されたのでは?との憶測がスレ住民の間で飛び交った。

   会社に行かない日々

3月27日、体調を崩したと病院へ行く。翌28日も体調不良で会社を休んでいた(が深夜2時まで普通にネットしていた)。 病院に行った件について「診断書をもらって失業保険を受け取るためではないか」との推測も出た。 翌29日、Pawooでは仕事に行っているかのように全くつぶやいていないにも関わらず つぐみ垢では10時頃につぶやくなど謎の行動を見せる。 この時点で先生の端末はTwitterに規制されているので、何らかのPC(ネカフェ?)からアクセスしていると思われるが謎。 そしてこの日、つぐみ垢は退会してしまった。

4月以降は職場の人間関係に関する愚痴が急増している。 一応会社に行っているように見えるが、段ボールが山積みだとか、休んでいる間に物がなくなって先輩を疑うとか 職場で足手まといになっているのが透けて見えるようになってきた。

8月も平日昼間からPawooでイキっており無職疑惑があったが、 Facebookで先生の母に接触した人の 報告 では「どうにか働いている」と母親から有職である旨が伝えられていた。 https://i.imgur.com/e4GMRV1.jpg

しかし9月中旬ごろに仕事を辞めたorクビになった疑惑が再浮上。 発掘されたVIPの書き込みでは平日夜3時まで5chに書き込んでおり、 「体力のない先生が3?4時間程度の睡眠でフルタイム勤務が出来るのか」と一部のスレ住民から疑問に思われる。

また「平日祝日の際は土曜出勤になる」と先生自ら語っていたのに9月3~4週、10月2周は土日祝日と3日間休んでいたり、 10日中旬に仕事に関する話題が全く無くなった事をスレで指摘された瞬間仕事の話をし始めた事も疑惑の要因になった。

だが12月に行われた計算弁護士のけんまや、セブンイレブンで先生を撮影した凸者によって職場へ車で行き来する様子が撮影され、まだ有職なことが証明される。

1月上旬時点でも近所への年賀状バラマキによって会社から母親に連絡が行っていることや、会社から自宅待機命令が出されていることからまだ有職であることが判明していた。

そして2019年6月、ついに日東工業六日町工場から契約を更新しないことを告げられ本当に解雇された。

  • Kindle路線(2018年4月~)

(※イタズラなので真似しないように) 画像が多くなってきたのでkindle路線として分離しました。 いらじ先生、本を出す!?(偽物です)

  • ネカマ事件みぃちゃん編(2018年4月~5月)

Part1、Part2、Part3 画像大量注意。またまた運命の相手に出会った先生、舞い上がってLINEで結婚などと言い出す始末。 だがそれはやっぱりネカマの罠だった。途中からツイアンチ勢も援護に加わっている事も知らず 自分語りの癖でどんどん個人情報を漏らしてしまう先生の運命は?

  • ジャーナリスト笛木騒動(2018年10月?)

「ジャーナリスト笛木」という先生の本名を騙った釣りアカウントが大規模な炎上を引き起こした事件。

   2018年8月、「ジャーナリスト笛木ひろふみのブログ」というブログがヲチ民によって発見され、スレに貼られるが「ただの愉快犯」「先生はこんな文章書けない」とスルーされる。


   それから時が流れること10月、ある社会学者と弁護士がバーチャルユーチューバー「キズナアイ」を批判し炎上、それに便乗する形で「ジャーナリスト 笛木ひろふみ」のTwitterアカウントが多数の絵師に「女性差別」「女性の性的消費」と難癖をつけ、 絡まれた人の一人がそれをツイート 、http://archive.is/bqCn1


   Twitter民が先生の本名を知らないことや、前途のキズナアイ騒動の影響で瞬く間に拡散され大規模な炎上に発展する。
   因みにこの騒動の日、先生のTwitterアカウントが丁度ロックされていた。


   翌日、先生もその騒動を認識したらしく、絡まれた人に何の説明もなしに「僕のアンチが迷惑をかけてすみません」とだけリプライを送る。
   絡まれた人側からすればいきなり「アンチが迷惑かけてすみません」と言われてもなんのこっちゃである。
   「ジャーナリスト笛木と先生を同一人物と思ってる人が多数いるから釈明した方がいい」とアドバイスされるも見当はずれな返答をし一蹴する。


   笛木ブログに投稿された過激な記事をスクショしたツイートがバズっていることに気づいた先生、迷推理を展開し「投稿者の自演」と判断。 ブロックするよう呼びかける 。http://archive.is/4t6CB


   同日未明に笛木ブログがBANされるが 新しいブログ を立て復活。

https://fuekiblog.hatenablog.com/ 「ジャーナリスト笛木ひろふみは釣り垢である」という記事が拡散され騒動は沈静化。


   その後すぐに新しいブログもBANされ、はてなブログから追放されたジャーナリスト笛木はnoteにアカウントを作りそちらで記事を執筆している。しかし更新は10月きりで途絶えており、翌年2月まで大きな動きはなかった。


  月日が流れ2019年2月頃に再び ブログ や Twitterアカウント が開設された模様。

https://fuekiblog.blog.jp/ 5月には フォートナイト、スプラトゥーン、PUBG、若者を洗脳する戦争ゲーム という記事が立てられ、http://fuekiblog.blog.jp/PUBG_Splatoon_Fortnite_War_games ゲームデザイナーの山内一典氏が 反論する記事 を投稿する事態に。この件に関して先生は認知していないようだ。 https://eggplantgaming.com/2019/05/08/fueki-blog-prejudice/


   さらに7月18日に「桜ありす」を名乗る女性ジャーナリスト(自称)が出現。
   同日発生した京都アニメーションへの放火事件にかこつけ不謹慎発言を連発。
   出現から数時間後には釣りであるとの 注意喚起記事 が作成される。

https://eggplantmagazine.com/2019/07/18/sakuraalice-dema/


  • ハッピー発達障害編(2018年10月~)

発達障害で人生の息苦しさを訴える人に対して「ハッピー発達障害~」とリプライしたことを中心に、障害者への理不尽ともいえる暴言を繰り返した。

   10月26日 

発達障害を称する被害者に 「アルコール依存症かな?」「はたらこ?」「そもそも何で大学中退をしたのでしょうかね」 と高圧的なリプを繰り返す。 また、精神病について 「本人が気持ち明るきゃ明日には治ってるよ」 「そいつ自身の精神が何物かに敗北している限り精神疾患は治らないよ。」 「精神科医はデタラメ野郎であり周囲の叩きカスどもは差別主義者です。」 と持論を展開する。

   10月28日

発達障害は甘えとのツイートに、家庭内暴力を振るわれた論者が反論するも 「(親に暴力を振るわれたことは)自分の振る舞いが原因なんじゃ…」 と返答する。

   10月31日

ハッピーハロウィンという言葉を疑問視した被害者のツイートに 「ハッピー発達障害~」 とリプ。 被害者側はこの数時間後にネガティブ発言を繰り返したあと入水自殺を図り、警察に保護された。 先生のこの発言が直接の原因かどうか被害者の口から語られていないため因果関係は不明であるが、そもそも発達障害という病気に苦しんでいる人に、病気を野次るような発言が常軌を逸している。 以後、この発言を皮切りに先生の発言が問題視されクローズアップされていく。

   11月2日

両親へ投書があったと報告。 上記のログと推測されるが、結果は 「Twitterは自由に書いていい」 「相手が悪いとわかったのでもう親は関わらない」 「異常なやばい奴に関わっただけなのよ」 と先生を味方するものだった。

以後の発言から投書を送った人物は、これまで先生に関わってきた複数の所業

   不適切な発言で凍結されたツイ主
   けんま民
   尼爆民
   ヲチ民
   投書民
   ホットラインの人

などをまとめて同一人物の犯行とすることで、先生に粘着するストーカーの仕業として両親に説明したものと思われる。

   11月3日

ハッピー発達障害が思いのほか反響を呼んだことで、何か一言を発言をしたほうがよいでは?と提案されたことで、以下のとおり発言を行う。

「ハッピー発達障害が問題なのではないかと言われましたが、本人はフォロワーに毎日酒をおごってもらうハッピーな日常を送っており、社会復帰がひたすら遠のいていると僕は思うので、ハッピーだと思います。」

「別にASDやADHDがあっても働けないわけじゃないと思うし放浪繰り返してるのは本人のハッピーな意思の問題なのでは? ワイも発達障害があるみたいな診断を小学生のときに受けたらしいが病気によって学業や労働に問題があると感じたことはない。 ワイの過去の挫折はワイの意思の問題だと思うよ」

「発達障害があるから学業や労働に問題があるわけじゃないんだよ? 発達障害がある人はみんな働いています。 発達障害が挫折のリスクを高めたり物事の壁になる可能性はある!だが! ハッピー発達障害なのはテメェの意思と努力の問題だ! ワイは思う。」

「じゃあワイが大学時代に絵描きやゲーセンにのめり込んで学業に意欲が持てなくなって中退したのは病気のせいか? そんなわけないでしょ。 絵描きがやりたくてゲーセンやりたかったんだよ。 遊びたかったんだよ。 ワイが自分の意思でやったことです。 発達障害のせいじゃあーりません。」

「彼が現在の自分の状況を自らの意思と努力による正当な結果によるものと認識しない限り、社会復帰はあり得ない! だからハッピー発達障害って書いたんだよ!

わあ なにも まちがってないね」

自分もかつて発達障害であった、と称するも、 自分がそうなのだから相手もそうに違いない、という理屈を展開し、謝罪の言葉は一切なかった。

※なお精神病に関わらず病気に個人差があることは周知の事実である。

  • マクドナルド騒動(2019年6月?)

自作のラー油で腹を壊した先生はその原因をマクドナルドにあると断定し迷推理を展開。 それを見かねたしたらば民・ツイアンチ勢がマクドナルド本社に報告したことによって自体は大きく展開する。 本騒動について詳しくまとめられている記事があるので詳細はこちらを参照。

インターネットの有名人「いらじ」氏とマクドナルド巻き込むトラブルが発生。一連の流れを振り返る https://eggplantmagazine.com/2019/06/27/mcdonald-erage/