警察関連

提供: 新いらじ先生大百科
Jump to navigation Jump to search

いらじ先生と警察が関係する出来事について記述する。

先生によるいらじ教通報(…するする詐欺)

ふじさきゆうや氏がヲチを引退した後、先生はアンチの元凶を「いらじ教」氏であると考えるようになった。
(※しかも何故かふじさき氏と同一人物であると思っている)
2017年秋以降、幾度となく警察に相談・通報する、誹謗中傷やストーカーで訴えるなどと発言しているが、
毎回尻すぼみに終わり警察に行った事は一度もない。
ちなみに(実際に訴える気がないのに)訴えてやると相手を脅すことは普通に脅迫罪にあたるらしい。
いらじ教氏の行っていることは先生のツイートをスクショして掲載しているだけであり、
自分から拡散希望している訳でもなく、先生の発言内容があまりにもアレなので勝手に拡散されていくのが実態でしかない。
むしろまとめられた内容を警察に見られる先生のがまずいのでは?と噂されるほど。
駆け込んだところで「当事者同士で解決してください」で終わる可能性が高そうだが、
虚空間では警察や弁護士は無償で全面的に先生に協力してくれる存在らしく、たびたびアンチに対して警察の存在を示唆している。

2017/12

期日を指定して謝罪要求&なければ警察と宣言したが、
やっぱり行動に移す度胸はなく、自分のブロックリスト(=いらじ教フォロワーのリスト)の公開というちゃちな制裁(?)に終わった。

2018/01(訴追編)

1月12日、またも謝罪要求&なければ警察に「訴追する」(原文ママ)と宣言。
なお訴追とは検察官が刑事事件を公訴することである。先生は検察だった…?
1月17日、再び警察に相談することを示唆し、心当たりのある者はDMで謝罪しろと要求。
逆に「DMで先生と直接やり取りできる貴重な機会」と考えた凸・アンチ勢の遊び場と化した。
「警察には話さないでください!」と懇願されると思っていた先生だったが、
もちろん誰一人実際に警察に行くとは考えておらず、むしろ「早く警察に行きましょう!」とか言われる始末だった。
なおいらじ教氏には完全にスルーされた。
ようやく行動するかと思いきや、「DMで和解の相談をしてもいい」→「返事は数日待つ」とやっぱりいつものムードに。
そして伸ばしに伸ばして21日、撤回宣言。案の定である。
いらじ教氏が逮捕されると恒心教の殉教者のように英雄視されるから、らしい…。

2018/02

2月12日、またいらじ教氏に警察相談を示唆するリプを送るがスルーされた。

猫野氏による警察への相談 (2018/01)

経緯の詳細は二万円事件を参照。
先生が誹謗中傷や顔写真晒しなどを行ったため、1月9日、警察に相談。
いらじ先生ヲチ史上では初の警察沙汰となった。
その結果、先生は既にサイバーポリスのデータベースに登録済であるという衝撃の事実が判明。
猫野氏らは警察に定期報告しているそうで、動き自体はゆっくりとしたものと思われるが今後の先生の運命に大きな揺らぎが生まれた瞬間であった。

おでんでん氏による警察への通報 (2018/02)

Twitterで先生アンチとして活動している「おでんでん」氏には警察官になった友人(同級生)がおり、
先生の行動を記録しながら、以前より友人にこれが立件可能であるかを確認していた。
慎重に気をうかがっていた氏だったが、2月13日に先生から直凸で抗議を受ける。
この時も先生はおでんでん氏を誹謗中傷で訴えられると主張してきたのだが、そこで逆に氏が先生を通報すると宣言。
そのまま友人にメールで過去の先生の問題発言の数々を送り、受理された
おでんでん氏は過去の母親殺害予告やいらじ教殺害予告のスクショは持っていなかったのだが
他のアンチ勢がすかさず提供して更に証拠品が増えることになった。
初めは様々な騒動と無関係なおでんでん氏が通報しても無意味と高を括っていた先生だったが
下調べや根回しを行っていた氏の予想を上回るほどスムーズに事が進んでいった。
先生の運命や如何に。
• 逮捕とまでいかずとも、警察から厳重注意を受ける可能性は高いのでは?と予想されている
• 先生は実家住み。ネット上での暴れ具合を同居する両親はおそらく把握していないものと思われるが、
警察が介入することで親バレするか?という点も注目されている。